ホーム 学校 大沢探検1 大沢探検1 大沢探検2 大沢ブログ

明治・大正・昭和の時代を刻む 懐かしの木造校舎
佐久市指定有形文化財 旧大沢小学校(本館)

はじめに

大沢村は明治5年、学制の発布を受け、明治6年7月1日、 地家の龍泉院に小学校を創設、その名も「文明学校」と称しました。

明治22年に大沢村役場が開設されると村がまず取り組んだのが小学校建設でした。明治24年7月村会で可決、9月から整地工事に掛かり、明治25年2月に建設に着手し同年4月20日上棟、翌26年5月1日竣工した。

建築用材は地元共有林から切り出した。木材出しや敷地の地ならしも村民の手で行った。建築費用は3,425 円で村費は200円、あとの大部分は村人の寄付金と共有林からの材木によって造り上げた、まさに村民あげて明日の村を担う子ども達のための学校建設だった。

校舎の概要

小学校

この建物は、大沢尋常小学校として明治25年2月に着工(4月20日に上棟)し、翌明治26年5月1日に竣工した。校舎は木造二階建桟瓦葺寄棟造り、建坪84坪(278㎡)延床面積168坪(556㎡)で、表面の玄関を入る と東西に中廊下が走り、その両側に教室を設け、中央に階段を配した明治中期特有の学校建築様式を示す建物です。 (学校建築は、明治後期以降、北廊下南教室が主流となる。)

中央玄関と二階講堂の入口には半円形(ファンライト)のガラス製の欄間で飾り、一階二階とも四方はぐるりとガラス窓を取り付け、外壁は西洋下見板張りに中程を胴蛇腹で廻し、真っ白くペンキが塗られた。

中央の玄関から階段を望む

中央玄関はレンガ敷き 入口にはガラス製の欄間

二階講堂入口にもガラス製の欄間

東西に中廊下が走り、その両側に教室をが設置

建物の特徴

  • 玄関車寄せの屋根に取り付けた鬼瓦は、龍や花などが精緻に作られています。
  • 車寄せの軒下にガス灯が設置されていた。(戦時中に供出、閉校後復元した)
  • 建設当時、まだ国産板ガラスは無い時代だがガラス窓で開口部を広 く設けているのが、この建物の特徴となっている。 洋風窓の開閉は、上げ下げ式(大正2年建設された大澤村役場 庁舎は上げ下げ窓)が多いが、大沢小学校は日本の伝統的な引き違い窓となっている。天窓は、ひもを引いて倒す横軸回転窓となっている。
  • 各ガラス窓の敷居に3ケ所水落としを設け、窓に当たった雨水が板壁に伝わって流れ落ちないように雨仕舞いがよくなっている。(このような例は、他では見かけず、建てた大工さんの繊細さが知れる。)

龍と花の鬼瓦

水落とし
(ガラス窓敷居の雨水処理)


  • 中央の玄関を入るとレンガ敷きの土間があり、真っ正面に踊り場付き階段を設けた。明治以前の日本の階段は、梯子段のように直線階段であったが、文明開化とともに踊り場付き階段が入ってきた。しかも、建物のほぼ中央に洋風階段を設け、勾配もゆるやかに踊り場で方向転換をして二階へ上がる。建設当時、人々は建物の外観を見て驚き、玄関から中に入って、また驚いたに違いない。踊り場付き階段は、校舎の東端にも設けられている。

中央玄関を望む

校舎北側は白いペンキが残り、
木枠のガラス窓が味わい深い

踊り場より中央玄関を望む

東階段二階から踊り場を望む


  • 地盤が堅い岩盤の上に、玉石をやぐらづきにするなどした上に、長さ一間程の切石を据えて基礎をしっかりと固めている。柱は、通し柱が50本(7寸角8本、6寸角42本)、50尺と48尺の梁、46尺の陸梁の上に15尺の二重梁に五方束の小屋組など建物が堅牢に作られている(屋根裏見学可能)。築120年を超える建物だが、場所も本体も建設当時のままの状態で現存している。明治以来の日本の初等教育に貢献してきた木造校舎が、写真や絵だけでなく実際に肌で感じることができる。

梁、46尺の陸梁の上に15尺の二重梁に
五方束の小屋組


雨天体操場と東校舎の落成記念写真
(明治41年)

図書館 家庭科室

図書館

家庭科室


建物の付属品について

  • 【大沢ドンドン】 大沢小学校の玄関に掲げられていた太鼓。大正4年に寄贈を受け、以後、朝、昼、夕と響き渡り、いつしか「大沢ドンドン」と親しみ呼ばれるようになった。
  • 扁額「大沢小学校」揮毫は大給 恒(三河奧殿藩の8代藩主、のちに信濃田野口藩の藩主。幕末時の老中、陸軍総裁、旧名松平乗謨。明治維新後、賞勲局総裁、日本赤十字の前身である博愛社の創設)
  • 東郷平八郎の書「在此一戦」(「皇国興廃在此一戦各員一層奮励努力」、他に一点あり)
  • 建築用材は、地元共有林から切り出した。機械製材などない時代、土台、柱、梁、板など鋸、チョウナや鉋で切り削った。(資料室には、縦挽きノコやチョウナの展示もある。)
  • ガラス窓の窓枠が洋風の額縁枠。
  • 土台下の基礎石は、長さ一間程の切石(平賀の石山から運ぶ)で、四隅はL形に加工されている。換気口の網は鋳物で洒落ている。
  • 校舎の建設関係者は、大工棟梁、高柳利平他四名、杣、阿部市五郎他三名、黒鍬、鷹野庄作他十七名、石工、松島兼五郎一名(棟札より)
  • 【卒業記念レリーフ】 昭和53年度卒業生の記念作品。クラスメイト19名が希望にもえて自画像を彫った。(図書館の北西角に展示あり)
  • 【謎のフック】 新築当時は講堂だった部屋の天井中央にフックがついている。電気の無い時代、もしかしてランプのシャンデリアが飾られていたか。大沢村に電燈が灯ったのは大正3年のこと。今は珍しい露出配線がなつかしい。(二階図書室)
  • 歴代校名の看板が保存されている。

校名扁額 大給恒の書

 

東郷平八郎の書「在此一戦」



卒業記念レリーフ

 

歴代校名の看板

大沢ドンドンの太鼓


旧大沢小学校の歴史


大沢小学校閉校時の先生方のことば

  • 明治6年7月1日、大沢村に小学校創立。「文明学校」と称し、龍泉院に開校。
  • 明治7年、文明学校は長命寺に移転する。
  • 明治13年、大沢新田に冬期分校(仮校)を観音寺に開設。
  • 明治24年7月、学校新築について村会で可決。9月から整地工事開始。
    (9月29日地ならし作業中に地方豪族の墳墓発掘、刀剣、管玉等の装身具出土)
  • 明治25年2月、大沢尋常小学校校舎新築の件、県知事認可。
  • 明治25年4月20日、上棟。
  • 明治26年5月1日、竣工移転式挙行。同10月1日、学校新築開校式をおこなう。
  • 明治39年、義務教育年限延長に伴い東校舎並びに雨天体操場の新築決定。
  • 明治40年、東校舎並び雨天体操場の新築工事始まる。翌5月1日落成。
  • 大正14年、下庭拡張工事完成。
  • 大正15年、新田冬期分校新築竣工。
  • 昭和17年、西校舎新築竣工。
  • 昭和25年、西校舎増築。
  • 昭和27年12月、新田冬期分校廃止、バスにて本校通学。
  • 昭和58年3月末、野沢小学校と統合し閉校となる。
  • 昭和58年、本館を除き校舎等取り壊される。
  • 平成8年6月、旧大沢小学校(本館)佐久市有形文化財に指定。